新社会人のためのExcelデータ分析|データテーブル編

新社会人のスキル向上
スポンサーリンク

前回のExcel術では、Excelの基本的な使い方や絶対に覚えておくべき機能についてまとめていきました。

続いては、新社会人が覚えておくと一歩差をつけることができる、データ分析について書いていこうと思います。

最初にご紹介するのがデータテーブル

データテーブルは、関連する複数の条件を変更したら結果がどのように変わるのかを見ることができる分析ツールです。

今回はこのデータテーブルについて、基本的な使い方と、実践例をみていきましょう。

データテーブルとは

データテーブルとは

データテーブルは、関連する複数の条件を変更した場合の結果を試算するときに使います。

もちろんデータテーブルを使わなくても、条件を一つずつ変えて計算していくことはできますが、同じ計算を複数回したいときにはなかなか面倒な作業ですよね。

データテーブルでは、数式に含まれる1つ、2つの値を変更したときの結果が、一覧で見ることができるのです。

データテーブルの使い道

関連する2つの値を変更したときに結果がどう変わるかを計算することができると言いましたが、具体的にはどのような場面で使えるのでしょうか。

たとえば、

販売数を10%ずつ増やしたら売上金額はどうなるのか?

材料費と客単価が変わったら売上金額はどうなるのか?

利回りと毎月の積立額が変わったら最終積立金額はいくらになるのか?

などといったことを瞬時に計算し、表に一覧にすることができます。

基本的な使い方

手順は大きく三段階に分けられます。

まず関係式を表す元となる表を作り、試算の結果を記入するデータテーブル表を作り、そして元表をもとに実行します。

それでは次項で詳しく見ていきましょう。

関係式を表す表を作る

まず初めに、ある条件での試算結果を表す表を作ります。

単価と売上個数で売上金額が決まる、という例で考えていきましょう。

単価と売上個数を変更して、売上金額を試算していきます。

このように単価130円、売上個数は10個という条件での売上金額は、C4=C2*C3=1300円になります。

これをもとに試算表を作っていきます。

試算表を作る

データテーブルの結果が入力されるデータテーブル表を作り、単価と売上個数を、行と列にそれぞれ入力します。

見出しの行の左端に、求めたい計算式を入力します。

今回の例ではC4(=C2*C3)です。

この計算式をもとに、データテーブルで売上金額を試算するということですね。あい

ここではC4=1300円ですので、左上の数字が1300円になっています。

※もちろん単価と売上個数は、先ほどの表の条件(130円×10個)より大きくても小さくても大丈夫です。

データテーブルを利用する

無事に左上に1300(=C2*C3)が入ったら、いよいよデータテーブルを使っていきます。

範囲を選択して、

データWhat-If分析データテーブル

から、データテーブルをクリックします。

すると下のような画面が出てくるので、そこに変更したい条件をそれぞれ行と列に代入します。

ここで変更したいのは、行の単価(C2)と、列の売上個数(C3)ですね。

入力しOKをクリックするとこのように数字が入力されていきます。

それぞれの単価と売上個数から、売上金額を求めることができました!




注意事項

データテーブル使用時の注意事項を2つ挙げます。

一つは、元の表の参照するセル(ここでいうC2とC3)は数式であってはいけないということです。

参照するセルが数字になっていることを確認しましょう。

二つ目は、元の表とデータテーブル表は、同じシートになくてはいけないということです。

別のシートにある表を参照してデータテーブルを使うことはできないので注意しましょう。

まとめ

今回は、一番使い勝手のいいデータ分析ツールの一つであるデータテーブルについてまとめてきました。

一度やり方を覚えてしまえばすぐに使えますし、非常に使い勝手のいい分析ツールです。

一度自分の手を動かして使い方を確認してみることをお勧めします。

画像を付けてわかりやすく説明したつもりですが、見るのと実際にやるのでは全然違います。

私も実際にやってみて、理解しているようで理解できていなかったことに気づくことができました。

ぜひ、自分で簡単な表を作って試算してみてください。

※私がExcelについて参考にした本はこちらです。

実際のビジネスシーンでExcelを使えるようにすることを目指した「実用」に特化した本です。

Excelを用いた業務をする新社会人は必ずもっておきたい一冊です。


新社会人のためのExcelの基本について書いた記事はこちらから。

コメント

  1. […] 新社会人のためのExcelデータ分析|データテーブル編前回のExcel術では、Excelの基本的な使い方や絶対に覚えておくべき機能についてまとめていきました。続いては、新社会人が覚えてお […]

タイトルとURLをコピーしました