単語帳は索引まで使え!|単語帳を100%活用した単語の覚え方

新社会人のスキル向上
スポンサーリンク

英単語がなかなか覚えられなくて困っている人もいるのではないでしょうか。

紙に書いて覚えるといい、だとか、音読して覚えるといい、だとか、いろんなコツを聞いてきたことでしょう。

今回は、英単語を覚えるコツを、単語帳という点からお伝えしたいと思います。

私は、暗記というのはとにかく何度も見ることが大事だと思っています。

人間というのは忘れっぽい生き物だからです。

1つ1つの単語を時間をかけて覚えていっても数日もしたら忘れてしまいます。

それより、短い時間で多くの単語に触れ、何度も繰り返し見る方が圧倒的に記憶に残ります。

一冊マイ単語帳を決めたら、それにどんどん書き込みをしていき、自分のものにしていってください。

そしてその単語帳で繰り返し繰り返し単語に触れましょう。

今回は単語をしっかり覚えておくための単語帳の使い方のコツを3つお伝えしたいと思います。

英単語をなかなか覚えられないという人は一つでも取り入れて覚えていってください。

おすすめの英単語帳

どんな英単語帳がいいのか、という話題はよく出されますが、私はどの単語帳を使ってもそこまで変わらないと思っています。

※もちろんTOEIC高得点を狙っているのにターゲット1200を使うなど明らかにレベルがあっていないものは別ですが。

たくさんの単語帳をやることにはあまり意味がありません。

今既に使っている単語帳がある場合は、それを引き続き使いましょう。

ただもし、単語帳を持っていない、今やっている英単語帳のレベルが合わないなどの場合は、鉄緑会が出している、「鉄壁」という英単語帳がお勧めです。

鉄緑会は東大受験専門塾ですが、東大受験生でなくてもこの単語帳はおすすめです。

情報量が非常に多く、また覚えやすいよう細かい工夫がいたるところにされており、他の単語帳とは比べ物にならないぐらい使い勝手が良いからです。




英単語帳の使い方のコツ

おすすめの単語帳

それではさっそく、マイ単語帳をより自分のものにしていく、使い方のコツを3つご紹介します。

似ている単語は書き込め

一つ目は、似ていて混乱してしまうような単語があれば書き込むということです。

「似ている」には、意味が似ている単語と、字面が似ている単語があります。

意味の似ている単語

意味の似ている単語は、覚えていて「なんか前もこんな単語なかったっけ?」と思ったら調べて書き込みましょう。

そして復習するたびに、「似てる単語」まで含めて覚えていきましょう。

例えば、「祝う」というのは「congratulation」と「celebrate」の意味がありますが、使い方が違います。

私は以下のように単語帳に書き込んであります。

字面が似ている単語

意味は全く違うけど字面が似ている単語もありますよね。

単語帳で見ると意味がわかるけど、パッと文章で出てくると混同することがあります。

字面が似ている単語も、混同しないよう書き込んでおくといいでしょう。

例えば私は「plague」と「pledge」がごっちゃになってしまったのでこのように書き込みました。

また、「substitution」、「constitution」、「institution」も語尾が似ていて紛らわしいので、このようにまとめました。

また、こちらは「ate」は「~のある」という意味があるので、「ate」がつくものをまとめて覚えてしまおう!ということで一覧にしたページです。

長文で出てきてわからなかった単語は書き込め

2つ目のコツは、長文に出てきて意味が分からなかった単語は、単語帳に書き込むということ。

もちろんインターネットで調べても構いませんが、「これ単語帳でやったことあるな」「単語帳にこのレベルの単語は載ってそうだな」と思ったら、単語帳でも調べて印をつけましょう。

この際、文章で出てきた単語のかたまり(=コロケーション)ごと書き込んでおきましょう。

コロケーションというのはよくいう単語の組み合わせのことです。

例えば、激しく降る雨は、「strong rain」とは言わず、「heavy rain」と言います。

このように、ある単語が結びつきやすい単語を一緒に覚えておくことで、覚えやすいだけでなく、総合的な英語力をあげることにもつながります。

英作文のときに役立ったり、複数の単語をひとまとまりにして読めるようになり読むスピードが上がったりします。

例えば私は、「conditional」という単語が長文で出てきてわからなかったので、このように書き込みました。

ただ「条件付きの」と覚えても、どんな風に使うのかわかりにくいですが、「条件付きのベーシックインカム」という言葉で覚えることで、使い方がなんとなくつかめるようになります。

索引も活用せよ

コツの3つ目は、索引を活用することです。

単語帳の場所で単語を覚えてしまっていて、ランダムで出されたら多分わからない…

なんとなくは覚えてるけど実際に文で出てくるとわからなくなってしまう…

こんな経験がある人もいるのではないでしょうか。

そんな人にもおすすめなのが、索引を使った覚え方です。

単語帳を一冊何周かして、80%ぐらいは覚えた!という状態になったら、索引を使ったチェックを始めましょう。

索引はABC順に並んでいます。

つまり、似たような単語がずらっと並んでいるのです。

単語帳を80%覚えたと思っている人でも、索引でチェックしてみたらまだまだ曖昧な語があるかもしれません。

また、索引には答えが一切ありません

単語帳を使っているとついつい隣の答えが見えてしまったり、派生語や例文が書いてあるのが見えてヒントになってしまうこともあります。

索引にはページ数以外書かれておらず、一切ヒントがありません。

そういった意味でも、しっかり覚えている単語と曖昧な単語が明確になります。

わからなかった単語はその単語のページに飛んで意味等を確認し、印をつけておきましょう。

注意

単語をきちんと覚えていない状態で索引を使うのはおすすめできません。

心が折れてしまう可能性や、索引の位置で覚えてしまい最終的な単語のチェックができなくなってしまう可能性があるからです。

きちんと8割がた覚えてから索引を活用した覚え方をしましょう。

まとめ

今回は、英単語の効果的な覚え方のための、単語帳の使い方についてお話しました。

英単語帳を100%使いこなせている人は少ないと思います。

ぜひ、単語帳をフル活用して、自分のためだけのマイ単語帳を作ってみてください。

たかが単語帳、されど単語帳、です。

使い方次第ではあなたにとって一番の「英語の教科書」になるのです。

コメント

  1. […] 単語帳は索引まで使え!|単語帳を100%活用した単語の覚え方英単語がなかなか覚えられなくて困っている人もいるのではないでしょうか。紙に書いて覚えるといい、だとか、音読して […]

タイトルとURLをコピーしました