Googleアラートを活用して効率よく情報収集しよう|設定方法

新社会人のスキル向上
スポンサーリンク

何か興味のあるテーマについての情報を知りたいとき、みなさんはどのような方法をとるでしょうか。

情報社会と言われている現在、世には多くの情報があふれています。

そんな情報過多の中、効率よく最新の情報を収集するためにはどうしたらいいのでしょうか。

そんなときにおすすめなのが、今回ご紹介するGoogleアラート。

Googleアラートを設定すれば、知りたいキーワードについての最新情報を見逃すことなくキャッチアップできるのです。

今回はこのGoogleアラートについて、使い方や設定の仕方を詳しく見ていきたいと思います。

Googleアラートとは

Googleアラートは、Googleが提供する機能の一つです。

特定のキーワードを登録すると、そのキーワードが含まれる情報を通知で教えてくれます。

興味のある情報を登録するだけで自動で通知されるため、得たい情報を見逃さず、素早く知ることができるのです。

Googleのアカウントを持っている人ならだれでも無料で利用することができるツールです。

Googleアラートの設定方法

Googleアラートにアクセスする

Googleアラートの専用ページにアクセスします。

または「Googleアラート」と検索すれば出てくるでしょう。

アクセスしたらログイン画面からGoogleにログインしましょう。

アラート作成画面はこのようになっています。

キーワードを入力する

ログインが済んだら、アラートを作成していきます。

まずは「アラートを作成…」の部分に、通知がほしいキーワードを入力します。

例では「日経平均」と入力しました。

キーワードを入力すると、このように、下にアラートのプレビューが表示されます。

「日経平均」を含む記事が一覧になっています。

オプションの設定をする

「アラートを作成」の右隣に「オプション」が表示されていますね。

「オプション」をクリックすると、通知の詳細を設定することができます。

頻度では、通知を受け取る頻度を設定できます。

ソースでは、ニュース、ブログ、書籍など情報源を選ぶことができます。デフォルトは「自動」になっていて、デフォルトのママだと上位の検索結果が通知されます。

一番下の配信先は、ログインしたアカウントのGmailになっていると思います。配信したいメールアドレスになっていることを確認しましょう。

マイアラートの作成を完了する

キーワードの設定が完了した後はアラートの作成を完了させます。

「アラートを作成」をクリックすると、「マイアラート」の部分に作成したアラートが表示されます。

Googleアラートの詳細設定

Googleアラートを設定する

複数のキーワードを設定する

キーワードを「+」でつなげて入力すると、複数のキーワードが含まれているコンテンツの情報を受け取ることができます。

例えば、「日経平均とTOPIXどちらも含まれる情報を得たい場合には、このように「日経平均+TOPIX」と入力します。

キーワードを除外して設定する

徐外したいキーワードがある場合は、除外したいキーワードの前に「」を付けます。

「-」の後に入力したキーワードが含まれるものを除外することができます。

先程の例だと、「日経平均-TOPIX」と入力すると、TOPIXに関する情報がない、日経平均についての記事を受け取ることができます。

フレーズで設定する

「”」で囲ってフレーズを入力すると、そのフレーズをそのまま含む情報のみ受け取ることができます。

まとめ

効率的に情報収取するためのツール、Googleアラートについてまとめてきました。

使ったことのない人はぜひ、この機会に自社のサービス名などを登録してみてはいかがでしょうか。

気になるテーマのキーワードを登録すれば、最新ニュースを見逃すこともなくなります。

あわせて読みたい記事

タイトルとURLをコピーしました