珪藻土で楽をしよう!珪藻土グッズのメリットやデメリット

新社会人のお金事情
スポンサーリンク

珪藻土グッズ、あなたはいくつ知っていますか?

今回は、珪藻土を使った便利すぎるグッズについて、メリットや使い方を説明していきたいと思います。

日々忙しい人にとっては、できるだけ掃除をしないでいい工夫が大事ですよね。

経済的で時短にもなる、そんな珪藻土グッズは忙しい人にぴったりです。

珪藻土を導入して家事をちょっと楽にしてみませんか?

珪藻土を使ったことのない方はもちろん、使っている方も、意外なグッズも紹介していますのでぜひチェックしてみてくださいね!

珪藻土って?

珪藻土は、珪藻という植物プランクトンの殻が化石になって固くなったもののことです。

火に強いので、昔から七輪等に使われてきました。

吸放湿性が高くカビも生えにくいため、最近では珪藻土を使った水回りの便利グッズが人気です。

今回はそんな珪藻土を使った商品を3つご紹介していきます。

珪藻土マット

一つ目が、珪藻土でできた商品の中でも特に人気な「珪藻土マット」。

バスマットとして使用されています。

使っている方も多いのではないでしょうか。

珪藻土マットのメリット3つ

すぐ吸ってすぐ乾く!

水分をすぐに吸収してくれるので、お風呂からあがってものの数秒で足元をサラサラにしてくれます。

本当にすぐに乾くので、赤ちゃんを一人でお風呂に入れている私はとっても助けられています。

放湿性にも優れており、布製のマットと違って使い終わったあとはしばらく濡れてる…なんてことがないのです。

洗面所の周りがびちょびちょになることがないのでお風呂後の片づけがスムーズに簡単に終えられます。

例えば次の人が連続でお風呂に入ったとしても、同じものをサラサラの状態で使うことができるんです。

濡れたバスマットを使うのは気持ちが悪いし、かといって一日に何枚もバスマットを使うのも嫌ですよね。

連続して使えるので、大家族のお風呂場にもぴったりです。

洗濯しなくていい!

足を拭くバスマットはこまめに洗濯したくなりますよね。

となると替えのマットも何枚か必要だし、下着類と一緒に洗濯しないとなるとさらに面倒…

でも布製のマットと違い、珪藻土マットは洗濯の必要がありません

洗濯が不要なので替えのマットも一切必要ありません。

使用後に立てかけておくだけでいいんです。

半永久的に使える!

洗濯をしなくていいだけでなく、定期的に削ることで半永久的に使えます

買い替える必要もないし、替えのマットもいらないので非常に経済的

一枚このマットを買ってしまえば事足りるのは、長期的にみるととっても便利でお得ですよね。

珪藻土マットのデメリット2つ

削る必要がある

しばらく使っていると吸水性が落ちるため、やすりで削る必要があります。

やすりでこすると表面が削れ、白い粉が出てきます。

全体的に2分ほどやすりにかけると、またもと通り吸水力抜群なバスマットに生まれ変わります。

毎日珪藻土マットを使用しているわが家では、年に一度削るか削らないかぐらいです。

頻度は高くありませんが、面倒なことには違いありませんね。

冬はひんやり

冬場、気温が低い時期には、ひんやりするのが気になるかもしれません。

布製のマットと比べるとひんやりします。

珪藻土コースター

珪藻土のバスマットに続いて紹介するのが「珪藻土コースター」。

こちらも原理は同じで、水をよく吸収する、そしてすぐに乾くということを利用したコースターです。

これが本当に便利なのです。

珪藻土バスマットよりも利用している人は少ないのではないでしょうか。

(12枚セットで1500円ですのでとっても経済的です。)

珪藻土コースターのメリット

水回りの掃除が楽!

これにつきます。

本当に便利です。

わが家では写真のように、洗面所やキッチンに置いています。

洗面所のコップの周りは濡れてしまい、水垢がついたり、衛生的でなかったりするため、掃除が面倒でした。

が、珪藻土コースターの上に置くことで水回りが濡れることが減り、洗面所のきれいさが長くつづきます!

水回りの拭き掃除の回数が格段に減り、非常に助かっています。

珪藻土コースターのデメリット

汚れても洗えない!

珪藻土は洗わなくていいというメリットがありますが、逆に洗うことができないというデメリットにもなります。

洗剤が垂れてしまっても洗うことができないため、大きな汚れがついて気になる場合、買い替えるしかないでしょう。

珪藻土歯ブラシ立て

珪藻土コースターに続いて紹介するのが「珪藻土歯ブラシ立て」。

水をすぐに吸収し、すぐに乾くということを利用した歯ブラシ立てです。

え?と思われるかもしれませんが…

これも意外と便利なのです。

珪藻土歯ブラシ立てのメリット

コップが汚れない

歯ブラシ立てとしてコップ型のいれものを利用している方が多いと思います。

わが家もそうでした。

でも、意外とすぐに汚れてしまい、衛生的でない上にいちいち掃除するが面倒でした。

珪藻土歯ブラシ立ては、水を吸収してくれるので衛生的で、かつ水垢などの汚れがたまりません。

コンパクト

上の画像の通り、場所をとりません。

わが家は洗面台が広くないので、コップや歯磨き立てなどが場所をとらないのはありがたいです。

コンパクトで見た目もスタイリッシュなので、毎日使う水回りの雰囲気を明るくしてくれるのもいいですね。

珪藻土歯ブラシ立てのデメリット

倒れやすい

唯一にして最大のデメリットかと思います。

重いものではないので、長い歯ブラシをさしていると、倒れやすいです。

普通にしている分には問題ないですが、例えば小さなお子さんが、自分で歯ブラシを使うなんてときには倒してしまう可能性が高いでしょう。

わが家も、娘が自分で歯磨きをするようになったら考え直すかもしれません。

珪藻土を導入しよう

というわけで今回は、少しでも家事を楽にしたい人のための、珪藻土でできた商品を3つご紹介しました。

水回りは家事をする人にとって悩みの多い部分ですよね。

便利なものはどんどん導入して、少しでも家事の手間を省きましょう!

気になった方はぜひ、珪藻土グッズを試してみてください!

※値段はピンキリですが、安いものでも機能にはなんの問題もないので、ここでは一番安いものをご紹介しました!

コメント

  1. […] 便利でエコでおしゃれな珪藻土グッズ!メリットやデメリットは?意外な珪藻土グッズとは?こんにちは、学生ママのわるつです。今回は、珪藻土を使った便利すぎるグッズについて、 […]

タイトルとURLをコピーしました