考える技術書く技術|第二部 : 考える技術の要約

新社会人の読書ログ
スポンサーリンク

バーバラ・ミントの『考える技術・書く技術』を読んだので、要約をまとめていきたいと思います。

ロジカルシンキングの本といえば『考える技術・書く技術』と言っても過言ではないぐらい有名な本書。

「読み手がより読みやすいように、理解しやすいように文章を書くためにはどうしたらいいか」ということを書いた本なのですが、なぜかこの本が読みにくい…

読むのにかなり頭を使うため、私も読破までかなりの時間を要しました。

読みきれずに挫折してしまった人も多いのではないでしょうか。

というわけで、『考える技術・書く技術』の主張をおおまかに要約しました。

この記事をよく読んで大枠を理解した後で本書を読むと、スラスラ理解できるでしょう。

この本は4部構成になっています。

第一部が書く技術、第二部が考える技術、第三部が問題解決の技術、第四部が表現の技術。

今回は第二部の「考える技術」の要約です。

本書の大前提「ピラミッド構造」について書かれている第一部は、非常に重要な部分ですので、まだ読んでない方はこちらからお読みください。

ピラミッド構造のおさらい

軽くおさらいしましょう。

論理的に文章を書くためにはピラミッド構造になっている必要があるんでしたね。

ピラミッド構造の原則がこちら。

正しいピラミッド構造の三つの原則

1.どのレベルであれ、メッセージはその下位グループ群を要約するものである

2.各グループ内のメッセージは、常に同じ種類のものである

3.各グループ内のメッセージは、常に論理的に順序づけられていること

ピラミッドの構造フレームには、主ポイントと補助ポイントの縦の関係、補助ポイント同士の横の関係導入部のストーリー展開という3つの基礎構造がありました。

思い出せたでしょうか。

続く今回の第二部では、読み手が簡単に理解できるよう、自分の書いた文章を批判的に見直す2つのポイントについて述べられています。

一つがロジックの順序に従うこと、そしてもう一つがグループ内の考えを要約することです。

それではさっそく見ていきましょう。

第6章 : ロジックの順序に従う

さて、最初の章は、ロジックの順序についてです。

ピラミッドの3つの原則の一つ、「グループ内の考えは論理的順序に従って配置される」についてですね。

順序をチェックすることで、適切なグループ化が行われているのかを確かめることができます。

演繹的なグループ化では順序付けは比較的簡単に行うことができますが、帰納的なグループ化では、どういう順番にするかを自分で決めなくてはいけません。

ここで大事なのは、順序を決めるのはグループ化したときの根拠だということです。

3種類のグループ化の根拠が、順序に反映されます。

グループ化の根拠

1.因果関係によるグループ化 → 時間の順序

2.構造によるグループ化 → 構造の順序

3.分類によるグループ化 → 度合いの順序

すべての考えのグループ化は必ずこの3つのフレームワークのどれか1つに従います。

この3つのフレームワークのどれにも当てはまらないとすれば、それはグループ化が間違っていると言うことです。

時間の順序

まず一つ目は、達成したいと思う結果と、そのために必要な原因を提示する場合です。

ある原因の結果を特定する

このように、いくつかの一連の原因が結果をもたらすとき、これらの原因には、実行に移す順序がつけられます。

これが、時間の順序です。

時間の順序を使うのは、以下の2つの場合でしょう。

1.行動ステップを並べる場合

まず一つが、実際に行動ステップそのものを順序だてて並べる場合です。

このときに陥りがちなミスとして、原因と結果をごちゃまぜにしてしまうということが挙げられます。

多くのステップを要する場合には、要約のレベルが同じであることを確認しましょう。

とあるステップが、他のステップを生み出すような関係にあってはいけないということです。

2.プロセスから結論を導く場合

二つ目は、頭の中に描いているプロセスから結論を導く場合です。

この場合は、自分の考えの根拠となるプロセスをはっきりと認識している必要があります。

箱に書かれた伝えたい「考え」をチェックし、その考えの根拠となるものを問うことで、より伝わりやすい文章にすることができます。

構造の順序

二つ目は、全体を部分に分ける場合です。

全体を部分に分ける

組織を図示するときなどに使います。

この場合は、それぞれの構造部分で要因を考えるので、順序付けもそれらの構造に対応する形で行われます。

これが構造の順序です。

構造を作るときには、モレなくダブりなく、各部分に分ける必要があります。いわゆる「MECE」です。

これですべての部分を網羅して構造を伝えることができます。

度合いの順序

三つ目は、類似のもので分類する場合です。

類似のもので分類する

複数のものが共通の特徴を有していても、重要度が違えば、重要度が高い順に並べる必要があります。

例えば、グループ化したいものが同じ「理由」というものであっても、その中で「まずは①をして次に②をして③をする」というような構造になっているのならば、その順序で並べます。

グループ化したいものが同じ「問題点」であっても、より重要な問題点がその中にあれば、重要度の高い順に並べます。

第7章 : グループ内の考えを要約する

さて、正しいグループ化だということがわかれば、次はそれをもとに論理的な推論を導きます。

この章は、ピラミッドの原則の一つである、「どのグループどのレベルのメッセージもその人のグループのメッセージ群を要約したものである」についてです。

演繹的なグループ化の場合、下部のメッセージに「それゆえに」といった結論部分があるので簡単に要約できます。

一方で帰納的なグループ化の場合には、要約のメッセージは下部メッセージの関連性が何を意味するかを自分で考えなければなりません。

このステップがきちんとできていないと、白紙の主張になってしまいます。

白紙の主張と言うのは、グループ化の要約がうまくできず下部のグループの内容が何も要約されていない状態のことです。

このような状態では読み手の関心をしっかりつかむこともできず読む意欲を刺激することもできません。

グループ内の考えを要約するステップは以下の二つです。

一連の行動の結果を述べる(行動の要約)か、一連の考えから推測される結論を導く(状況の要約)です。

なぜなら、考えには、行動の考えと状況の考えの2種類しかないからです。

1.行動の考え : 結果を達成するためにとるべき行動をグループ化する

2.状況の考え : ある特性を持つすべての考えをグループ化する

1.行動の結果を述べる

まずは、行動の考えである場合の要約のステップです。

「何かをすべきである」と伝える場合の要約ステップです。

グループ内の各行動はグループ全体として一つの結果をもたらすということ以外に関連性がないため、グループ化は簡単ではありません。

よって、目的達成のために必要な行動をリスト化する場合、モレがないかチェックするには、それらの行動で何がもたらされるかを考えるしか方法はありません。

ここからは自分の考えを整理するための3つのテクニックについて説明します。

具体的な言葉を使う

期待する結果を出すために必要な行動を、できる限り具体的な言葉で表現する必要があります。

グループ化が適切になされているかを判断するためには、実際に自分が行動すると考え、その結果何が得られるのかということをイメージ化することが非常に大事です。

行動のレベルを階層化する

2つ目は、行動のレベルを階層化することです。

ある行動Aをする「前に」する行動は、Aと同じレベルです。行動Aを生み出すためにする行動は、Aの下のレベルの行動です。

行動のレベルの判断法

このようにして階層化することで、内容がわかりやすくなり、またモレがないかを確かめることもできます。

分類カテゴリーで階層化するのではなく、もたらすべき結果に従って構成することが大事です。

直接的に要約する

プロセス内のステップをグループ化できれば、いよいよ全体の結果を要約します。

要約の原則

・グループ化はMECEで行う

・要約は行動を実行して直接得られる結果を、最終結果物をイメージできる言葉で表現する

グループ化が完成したら、この2つの原則に従い、これらが満たされているかをチェックしながら要約していきます。

2.各結論に類似点を見つける

次に、状況の考えである場合の要約のステップです。

「何かこういう状況である」と伝える場合の要約ステップです。

状況の考えの場合は、各ポイントは理由や問題点などといった同じ種類のものです。

これを要約するためには、考えうるポイントをリストアップし、それが本当に同じグループかチェックし、その共通特性を一般化して論じます。

リストアップした後、そこから新しい感がを導く(要約する)ためには、以下の3つのステップが必要です。

考えを結びつける構造上の類似点を見出し、類似点の中に深い関連性を見出し、要約のポイントレベルまで帰納的なジャンルをする必要があります。

構造上の類似点を見出す

ただリストアップされているだけでは要約できません。

問題点や理由や結論などとしてグループ化した考えに、同じ種類のものについて述べている類似点を探します。

例えば、同じ種類の目的について述べている、などです。

もし見つからない場合はグループ化が間違っています。

類似点の中に深い関連性を見出す

そうして類似点を探せたら、さらに深い関係性を探し出します。

「なぜ他の問題を取り出さなかったのか?」「これらをグループ化したのはどんな関連性があるからなのか?」を考えます。

要約のポイント・レベルまで帰納的なジャンプをする

類似点が意味することがわかりにくい場合、帰納的なジャンプが必要になります。

グループ化の根拠となる関係を図示して帰納的に考え、意味することを推測する必要があります。

まとめ

第二部は、ピラミッド構造を作った後、それを確認する作業についてでした。

文章が書けたら、ロジックの順序を論理的に決め、そしてその考えを要約することで、見直す必要がある。グループ化の理由は二つ、類似点があるから、または結果のために必要な行動だから。それぞれの方法に従って論理的に推論を導く。

このようなことが理解できていれば、第二部の「考える技術」はおおよそ大丈夫です。

この記事をよく読み、しっかりピラミッド構造の大枠を理解できた人は、ぜひ本書を読んでみてください。

記事を読んだ後の本書のおすすめの読み方は、本書に出てくる具体例を見て、何がおかしいかを考えてみることです。

本書では、原文を修正してより読みやすい構造に直していく過程を見ることができます。

それを実際に、クイズのように自分でやってみるのです。

非常にいい練習になるでしょう。

それでは次は第三部「問題解決の技術」でお会いしましょう。

コメント

  1. […] 考える技術書く技術|第二部 : 考える技術の要約バーバラ・ミントの『考える技術・書く技術』を読んだので、要約をまとめていきたいと思います。ロジカルシンキングの本といえば『 […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました