大きな数字の読み方|3桁カンマの理由と覚え方の工夫3選

新社会人のスキル向上
スポンサーリンク

新社会人になって、急に大きな数字を扱うことになる人が多いと思います。

今回はそんな、「大きい数字」を瞬時に理解できるようになる小ネタをご紹介します。

短い記事なのでさらっと読んでくださいね!

なんでカンマは3桁区切りなの?

電卓

100ずつ数字を区切っているカンマ。

特に大きな数字を扱う時は3桁ずつ区切って表示することがほとんどですよね。

でも正直、3桁ずつ区切っても、別に読みやすくなるわけではないですよね。

なぜ3桁ずつ区切られているのでしょうか?

この区切り方は、英語圏の人がわかりやすいようにできているのです。

英語では3桁ごとに単位がついているので、3桁区切りは非常に読みやすいのです。

1,000thousand 
1,000,000million
1,000,000,000billion
1,000,000,000,000 trillion

この表のように、英語では3桁ずつ単位がついています。

例えば、

50,000 は 50+thousand なので fifty thousand です。

200,000,000 は 200+million なので two hundred million です。

英語圏の人にとって3桁区切りがいかに読みやすいかが分かったと思います。

大きい数字を瞬時に読むための便利な方法

そんな英語圏の人に便利な3桁区切りですが、日本人にとってはあまり読みやすい区切り方ではないですね。

日本人は数字を1000ずつ区切って読むので、4桁区切りが読みやすいからです。

ではどうしたら日本人でも3桁区切りの数字を瞬時に読むことができるのでしょうか。

大きい数字を読むときに使える便利なTipsを3つご紹介していきたいと思います。

英語で覚える

まず一つ目は、英語で考えてしまうという方法です。

3桁区切りが英語の文化からきているというのなら、英語で考えればわかりやすいはずです。

1,000thousand 
1,000,000million百万 
1,000,000,000billion十億 
1,000,000,000,000 trillion一兆 

どうでしょうか。

これを基準にして増減していけば大きい数字もすぐに読めますね。

billionが十億とパッとわかる人にとっては簡単でわかりやすい考え方ですね。

「million 百万」と「billion 十億」だけでも覚えておこう!

カンマは千、百、十、一

英語で考えるぐらいなら数えた方がいい…

もっと簡単に読めるようにならないの?

…そんな方のために、とっても覚えやすい暗記法のようなやり方をご紹介します。

カンマは千→百→十→一

と覚えるのです。

カンマをつけた数字は10分の1ずつ小さくなる、と覚えるのです。

どういうことかと言うと、

1,000 
1,000,000万 
1,000,000,000憶 
1,000,000,000,000 兆 

カンマが1つ増えるごとに、万→億→兆となっていますね。

どうでしょうか。

一気に大きな数字を読むのが楽になったのではないでしょうか。

1万×1万=1億

次は大きい数字同士の計算をするときに覚えておくと便利な計算です。

1×1万=1

これを覚えておくと非常に便利です。

例えばこれを覚えておくと、応用して

5千×10万=5億

なんかも暗算でパッと答えられるようになりますね。

まとめ

タイトル通りの小ネタでしたが、楽しんでいただけましたでしょうか。

別に一瞬でわからなくても数えればいい話ではあるのですが、一瞬でわかるに越したことはないですよね。

下から数える癖は今日で終わりにしましょう!

社会人になると大きい数字に触れる機会が一気に多くなると思います。

パッと読めるようになって周りと差をつけていきましょう!

明日から、いや今からでも使える覚え方ですので、ぜひ大きな数字を見つけたら思い出して読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました