会計を勉強する人に絶対に読んでほしい『財務3表一体理解法』|簿記の勉強に最適

新社会人のスキル向上
スポンサーリンク

今回は、会計を勉強している人全員に読んでほしい一冊、『財務3表一体理解法』について、レビューしていきたいと思います。

みなさん会計の勉強はしていますか?

会計の勉強はどんなビジネスマンであってもしておくべき内容です。

もし何もしていないという人はこちらの記事もあわせて読んでください。

『財務3表一体理解法

この本の概要

この本の著者は会計の専門家ではありません。

会計の仕組みがなかなか理解できなかったという著者が、損益計算書と貸借対照表とキャッシュフロー計算書を一体にして勉強するという新しい勉強法を生み出したのです。

この3つの表のつながりを理解すれば、簿記や仕訳を勉強しなくても会計の仕組みがわかるというのです。

この本を読むべき人

会計に全く触れたことがない人は、会計の勉強を始めるならばまずこの本から読みましょう。

この本を一冊読み終えたら、「会計」という大きな分野の大枠が理解できるようになるからです。

そして簿記取得など会計の勉強をすでにしている人も、今している勉強を少し中断してでも、まずこの本を読むべきだと思います。

この本を読み終わった後に今している会計の勉強に戻った方がはるかに理解しやすくなるからです。

そのぐらい、「会計の仕組み」を理解する上では優れた本なのです。

ただ一つ注意してほしいのは、会計の予備知識が全くないままこの本を読んでも、「ふむふむ」ぐらいにしか思わないかもしれないと言うことです。

私は、この本に出合う前から簿記を勉強していました。

仕訳の方法も少しは頭に入っており、3表についてもなんとなくイメージはあるというような状態でした。

そんな状態で読んだため、「このへんがよくわからなくてモヤモヤしていたけれど、そういうことだったのか!」という体験をすることができ、この本が推奨する「全く新しい勉強法」の素晴らしさがよくわかるようになりました。

しかし会計に全く触れたことがない人であれば、この本を読んでも、「なるほど」ぐらいにしか思わないかもしれません。

3表をつなげて考えるということの面白さに気付けるのは、ある程度は会計の勉強をしたことのある人だけかもしれないのです。

もちろんだからと言ってこれから会計の勉強を始める人は、わざわざ他の本で勉強してからこの本を読もうなどと思わなくても大丈夫ですよ、念のため。

それではさっそく、この本が推奨する新しい勉強法の良さをいくつか具体的にご説明していきましょう。

『財務3表一体理解法』を読むとよく理解できるようになること

3表の関係

初めに、財務3表のつながりが理解できるようになります。

財務3表とは、決算書と呼ばれる損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の三つの表のことです。

この表の関係性がわからないと会計を理解することはできません

これらの表の関係性を、きちんと説明できるでしょうか。

会社には3つの活動があります。

お金を集めること、投資をすること、お金を稼ぐことの3つです。

まず企業は株や負債等を利用してお金を集め、そのお金を使って投資をします。それで得た建物や機械などを使って利益をあげていくのです。

この3つの活動をそれぞれ3表に表していくのですが、その様子を表したのがこちらの図です。

お金を集めたときは、お金をどう集めたかを貸借対照表の右側に書き、集めた現金の動きはキャッシュフロー計算書の財務キャッシュフロー欄に書きます。

投資したときは、何に投資したかを貸借対照表の左側に書き、投資した現金の動きをキャッシュフロー計算書の投資キャッシュフロー欄に書きます。

利益を上げたときは、キャッシュフロー計算書の営業キャッシュフロー欄に現金の動きを書き、営業の損益を損益計算書に記していきます。

3表は複雑でわかりにくく感じられますが、逆に言うと、お金を集めて投資して利益をあげるという3つの活動のことしか書かれていないのです。

まずはこれをきちんと理解しましょう。

複式簿記で試算表を作るのはなぜ?

複式簿記という言葉を聞くと「ああなんだか難しそうな話が始まった…」と思う人もいると思いますが、複式簿記はそこまで難しいものではありません。

一つの取引を二つの視点で記帳する方法を複式簿記と言うのです。(現在ほとんどの会社が複式簿記を利用しています。)

帳簿の左には資産、費用、右には負債、純資産、収益を記帳していきます。

このへんはどの参考書でも説明されていますし、それこそ簿記の勉強なんかをしていたら一番に暗記する部分でしょう。

そしてその記帳をすると試算表が作られます。

試算表は以下の画像の左の図のような作りになっています。

今まで記帳してきた資産、費用、負債、純資産、収益が左右にわかれて表示されていますね。

そしてここからがポイントです。

複式簿記によって作られた試算表は、右の図のように、上下にわけることができます。

上が貸借対照表、下が損益計算書です。

そう、この2つの決算書を作成するために、複式簿記によ記帳をしてきたのです。

これがわかると、利益剰余金が当期純利益と同じ部分を指しているということも理解できるようになります。

複式簿記の本質についてしっかり理解しておきましょう。

まとめ

大まかな3表の関係は以上のようになります。

『財務3表一体理解法』で3表をつなげて理解する方法を学べば、会計の大枠、仕組みをしっかりと理解することができます。

本書では、3表の仕組みを説明した後、具体的に一つ一つの取引は3表のどこがどう動くのかということが説明されます。

3表のつながりがわかり、取引をしたときにどこがどう動くのかということがわかれば、簿記を勉強しなくても会計の仕組みがわかります。

逆に、簿記を勉強するときは、そもそもの会計の仕組みがわかっているので非常に勉強が楽に感じられます。

会計を勉強している人全員に、この本を読むことを強くお勧めします。

ちなみに、私はこの本を読んだ後、『財務3表がスラスラ理解できて英語力も身につく本』という、同じ著者の、英語が併記されているものを読みました。

英語力に自信のある人や、英語も合わせて勉強したいというバイタリティのある方はこちらもおすすめします。

日本語バージョンより内容量は少ないですが、こちらだけでも十分に理解することができます。

会計用語を英語で覚えておくこともできるので、英語を仕事で使う可能性のある人は英語併記バージョンがおすすめです。

コメント

  1. […] で、会計を勉強する気になった人はぜひ、併せてお読みください。 会計を勉強する人に絶対に読んでほしい『財務3表一体理解法』|簿記の勉強に最適 | 新社会人のいろは (mrandmrswaltz.com) […]

タイトルとURLをコピーしました